自動車の車種についての基礎知識

自動車の車種についてですが

ほとんどの人が一度は自動車に乗った事はあると思いますが、自動車にも色々車種があります。
例えば軽自動車や普通車や大型車などと分かれてます。
軽自動車であれば例えばミラとかムーズとかワゴンRなど色々な車種があります。
軽自動車でも沢山の車種があり、普通車でも沢山の車種があります。
その中で欲しい自動車を探して買うと言う事になります。
同じ車でもメーカーが違って販売されてる姉妹車や兄弟車と言うものもあります。
排気量や大きさによって値段や燃費機能性は異なります。
現在では燃費車が多いのでどの自動車を乗っても燃費はいいです。
けれど、現在は燃料が高騰していて自動車を乗る人は軽自動車の燃費がいい車種に乗り換えしてる人が多いらしいです。
軽自動車はだいたいリッター25〜30キロぐらい走る自動車が多いです。
普通車では大きさや排気量が異なるため、燃費には違いが出ます。
燃費が向上してると言えるのは同じ車種の新旧で比べるとリッターの違いは格段に上がってます。
だたし普通自動車では排気量が異なるので違う自動車とリッターを比べても参考にはなりません。あくまでも同車種の新旧です。
例えば昔リッターが8キロぐらいだったのが現在では12キロぐらいになって感じです。

燃費は自動車によって違いはあります。
燃費が良い車種を乗るのであれば軽自動車が一番いいと思います。
価格や性能はと言うと価格はやっぱり軽自動車が一番安いと思います。
誰もが軽自動車に乗るって言うのは難しいです。
家族が多い人であればワゴン車とか普通車を乗ると言う事になります。
普通車は価格は安い自動車から高い高級車まであります。
セダンタイプやワゴンタイプでも値段には違いがあります。
性能はそこまで違うと言う事はありません。普通車であればだいたい標準装備でABSは搭載されてます。
例えばスリップしない機能やスライドドアタイプであれば運転席から開閉出来る機能が付いてる自動車、付いてない自動車があります。
全部の機能を付けると言うのは難しいです。

Copyright (C)2017自動車の車種についての基礎知識.All rights reserved.