自動車の車種はいずれはすべて電気自動車に移行するでしょう

自動車の種類と言えば昔は排気量の大きさくらいしか区別がなかったものですが、最近ではガソリン車と電気自動車という区別が新たに出ています。
その上二つを融合したハイブリット車まであるのだから、一概に車種と言っても昔と比べれば随分と増えたと言えるでしょう。
ところで車種が増えることによってユーザーの選択の余地が広がるのはいいことです。
特に環境問題に敏感な人ならガソリン車を避けることも出来るし、同じガソリン車を選ぶにしても出来るだけ燃費の良い車を選択できるわけです。
もちろんあくまで走りを優先して性能の良いガソリン車を選ぶと言う選択肢も残されるので、現代はユーザーが自分の好みに応じて自由に車種を選択できる時代だと言えるでしょう。

ところで車種が多くなるとその分たくさんのパーツが必要になるので、環境問題という観点からは厳しい見方がされるのは仕方がありません。ただしそれはあくまで時代の過渡期に自動車が差し掛かっていることが原因だと考えられるので、将来的には少なくともガソリン車は消え去ることになるでしょうし、そうなることで車による環境への影響は一気に小さくなるのではないでしょうか。こういった過渡期は新旧が入り混じるようなものについては避けて通れないのだから、一時的に環境負荷が上昇したとしても、それを理由に技術開発が止まるようなことは許されません。むしろ今の状況を越えた先にこそ環境に優しい車が天下を取る時代が来るのだから、メーカーはむしろ新しい車の開発を急ぐべきでしょう。

Copyright (C)2017自動車の車種についての基礎知識.All rights reserved.