地球環境に優しい自動車の中から良い車種を選ぶ必要があります。

昔に比べて現代の車種は非常にクリーンな排気ガスの状態になっています。
エコカーなども燃費の点で地球環境に大変優しいと言えます。
そんな自動車を購入するのが現代人の努めではないでしょうか?確かに古い車は現代の車にはない魅力があることは確かです。

しかし、それ以上に地球の環境を考えるべきです。
古い車にはもっと税金を掛けても良いと思います。
古い車を所有している人のほとんどはお金持ちであるからです。
庶民で年式モノの車に乗っている人はほとんどいません。

そう考えれば、古い車の所有者に対して、通常の何倍かの税金を掛けても問題は無いと考えます。
地球環境に対して厳しい状態を作り出す車に関しては、厳しい規制が必要だと考えるからです。
車は確かに趣味性も有りますが、それ以上に地球環境を守る方が重要だと考えるからです。
車検制度は税金を徴収するためのモノでは無く、地球環境に上手く貢献できるような精度にすべきだと思います。
これまで、自動車が地球に対して行ってきた環境悪化を今こそ取り戻す必要があると思うのです。
もちろんこれは日本だけでは出来ません、世界中が一丸となって地球環境にとって良い車をドンドン走らせることが必要だと思います。
日本墓なりきれいになってきていますが、世界を見渡すと排気ガスで汚れている国は非常に多いと言えます。
そんな所へは極力良い車を走らせるように働き掛けるべきではないでしょうか。日本以外で空気を汚す国に対しても、それなりのペナルティを与えるべきだと考えます。

Copyright (C)2017自動車の車種についての基礎知識.All rights reserved.